Page 1
縄 文 文 字 文 献
日本固有文字文献
 
−概要−        
  漢字以前の日本で、縄文時代から使用されていた文字、これを、「ヲシテ(Woshi-te)」といいます。
「ヲシテ」文字とは、考古学に言う縄文時代からの「日本固有文字」です。
「ホツマ文字」と言う言い方も、従前にはおこなわれていましたが、
他にもっと尊い『カク ミハタ(『フトマニ』など)や、『ミカサフミ』もありますので、
「ホツマ文字」の名称は適切と追認することは出来ません。
「ヲシテ」または、「ヲシテ文字」と言う表現が妥当です。
ヲシテ(Woshi-te)は、文献として、五七調で、11500行余りが、発見されています。
文字だけの事ではありません。長大な文献が発見されています。ここに、縄文哲学が、はっきりと読み取れます。

縄文時代から、日本は、文明国であった。
縄文時代の前期での、国家建国が確認できます。

「古事記」「日本書紀」の 原書 の発見は、歴史評価に大きな変革を招来します。
ヲシテ文献は「日本」文明の源泉である、と申します根拠の、二つの事由に拠って前進をしています。
ひとつは、記紀の原書としての位置です。
もうひとつは、「やまと ことは(漢字の訓読み)」の縄文時代での成立の発見です。
『よみがえる日本語』(総論編)      『よみがえる日本語U』(助詞編)
日本の未来を見定め、 ヲシテ文献 の発展を進める。「日本」の尊さを倍加させる。
それが、日本ヲシテ研究所です。
 


ヲシテ(日本固有文字)の 基本の音韻 48文字

漢字以前の時代に遡及して勘案したホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字の書体。
池田 満による時代遡及の、ヲシテ文字体。
池田 満(C)




江戸時代の中期、和仁估安聡の写本の文字体をフォントにおこした、
ホツマ文字と言いますか、ヲシテの文字の書体。池田 満の勘案の文字体。
池田 満(C)

シテ時代の国語48音図の成立確認の根拠
 
目  的
  ヲシテ文献 「ヲシテ」とは、「ミカサフミ」「カクのフミ(フトマニなど)」「ホツマツタヱ」 の研究と啓蒙に勤(つと)め、
我が国の歴史と国語を見直して「ヲシテ国学」の樹立を実現する。
 
 
 
主 活 動

1、 ヲシテ文献 「ミカサフミ」・「カクのフミ(フトマニなど)」・「ホツマツタヱ」 の研究・啓蒙・教育をすすめ「ヲシテ国学」の樹立を為す。
2、 さらにすぐれたヲシテ文字形の復古創造をおこなう。
3、「ヲシテ国学」の樹立において、ヲシテの文字の遡及に勤め、現代への活用を図る。

 
 
 
ヲシテ(Woshi-te)とは
( 縄文文字・日本固有文字・及びその文献 )
「愛しみ教える」の「ヲシ」と、為しゆく手段の意味の「テ」です。
近世の言葉の「押し手」の意味とは、全く違う言葉の意味です。
濁音のヲシデではありません。清音のヲシテです。
 
  縄文時代の前期から日本で使用されていた文字、これを、ヲシテといいます。

ヲシテで記された、ヲシテ文献は、「ミカサフミ」・「カクのフミ(フトマニなど)」・「ホツマツタヱ」 の三文献が、
約半世紀前に発見されました。解明の作業が大変でした。ようやく、辞典と国語の基礎解明もできました。

縄文時代からの優れた哲学を現代に再認識できる、これが、ヲシテ( 縄文文字 )です。

そして、ヲシテ文献には、縄文時代からの、膨大な物語が記されています。

現代・未来に 「縄文文字・ヲシテ」 を復活させましょう。
本来の縄文建国に立ち返れば、「日本」の尊さが倍加されるからです。



 
  
 
 
  池田 満 ブログ 「縄文文字ヲシテを 復活!」
ヲシテ文献、池田 満案内します
 
 
 
       
 
 
 
 
 
「ホツマ刊行会」などからの発展の歴史 
  ( 「『ホツマツタヘ』研究会から、「ホツマ刊行会」へ、そして「日本ヲシテ研究所」へ)
 
                   1974,
『ホツマツタヘ』研究会は松本善之助先生によって、昭和49年(1974)に開始されました。
月刊「ほつま」誌の発刊会の位置つけでした。

1993,
『和仁估安聡本ホツマツタヱ』(新人物往来社、松本善之助監修・池田満編著)の刊行に際して、
「ホツマ刊行会」が平成5年(1993)に組織されました。

2006,
フォントの「縄文文字ヲシテA」の完成とともに、広く一般への無料配布をするべく、
平成18年(2006)に「日本ヲシテ研究所」を設立しました。(特許庁の認可済み)


    初期の主目的の『ホツマツタヱ』の顕彰から、
    歴史と国語の再構築へと、順々に進展が広がってきていて、
    脱皮しつつ変遷を遂げてきています。

 
ユーチューブにて「ヲシテ国学」の講座をUPし始めました。


 
「ヲシテ講習会」の開催を始めます。(平成27年5月より)

 
 


Page 1 Page 2 page 3 Page 4 Page 5
おおよそ−概要− パソコン用ヲシテ 推奨 書籍のご案内 「秀真伝(直訳偽書)」との違い 解説文などご案内


日本 ヲシテ 研究所  
(日本固有文字文献・縄文文字文献、Woshite)
お問い合わせ先
写真 : 青森 三内丸山遺跡
復旧建築
Update:2018.1.15

Copyright (C) mituru ikeda All Rights Reserved