ヲシテ文献研究室

オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが ヲシテ掲示板 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


アクセスカウンター
2020/09/29:53/199
2020/09/28:66/392
2020/09/27:63/343
2020/09/26:56/365
2020/09/25:49/321
2020/09/24:65/368
2020/09/23:63/392

2020/08/30より566/7495

ヲシテ基礎研究

ヲシテ基礎研究スレッド

1: 新しいダウンロードファイル(8)   2: 言語学徒の「よみがえる日本語」評(1)   3: 「つかさ美人4コマワールド」さんが「よみがえる日本語」を紹介して下さいました(1)   4: 「よみがえる日本語」が「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」に(1)   5: 紹介「よみがえる日本語」ー博士の独り言ー(1)   6: 「古代文字と日本人の底力」ー博士の独り言ー(1)   7: 朝気づくとクマゼミが鳴くるのを詠める(1)   8: 最高気温32度の梅雨時に部屋に入りて(5)   9: よみがえる日本語 ことばのみなもとヲシテ(3)   10: 新型インフルに詠める(6)   11: 現代人への自戒 「いただきます」(1)   12: 夜明けの たたえウタ(1)   13: そうじの たたえウタ(2)   14: 惜別のウタ(1)   15: さらに、古い時期の写本の捜索(1)   16: 新春のウタ(3)   17: 入会のご案内について(1)   18: 質問に答えて 出雲のカミさまは?(4)   19: 質問に答えて 熊野とソサノヲさま(2)   20: たらふいのちは まとかなりけり(6)   21: ヲシテのフォントのバージョンUP (1)   22: 『フトマニ』の写本の経路(1)   23: 富永仲基が(2)   24: 添意のこと、構文の事、文体の事(3)   25: 同音記号と濁点(5)   26: 「 ちくら」考(15)   27: 錯誤のこと。  こころ素直に、気にしない!(1)   28: 連想・・・磁石の構文(20)   29: 「こ かい」か、「かい こ」か(3)   30: 誤植の恐ろしさ(1)  

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 ... 5 6 7 (8)

表意文字と表音文字
mana
特別研究員

真名 2007-3-30 18:40:39  [返信] [編集]

「ヲシテ」は、表意文字であり、かつ表音文字であるというところから出発する方が、幅広く説明可能なように思います。

表意文字的な側面と、表音文字的な側面とは、各母音単位に見ることができます。
各母音は、音(口の形)を現すと共に、宇宙の把握に関する意味も現しています。 目に見えないものから、目に見える液体、固体までの物質の形態を表意しているようです。

各子音も、表意文字的な側面と表音文字的な側面を有しています。
表音的な側面はほぼわかっていますが、表意的な側面は、ミカサフミに簡単な説明がある程度で、明晰にはわかりません。
おそらく、季節、温度、方向などの生活感覚に根ざす表意文字と思われます。

ここまでさかのぼって全文を読めるようになることが基礎研究の目標ということになるでしょう。

「かな文字」は、表音的側面のみを抽出したものであり、そこからは母音子音ともに表意的側面が抜け落ちています。
これは根本的にヲシテと別種の文字と考える他はありません。

そう考えますと、年代の下る写本では、徐々に「ヲシテの表意的側面が抜け落ちていくプロセス」を読み取ることができそうに思います。
表意文字的側面は、書写の過程でその時代の慣用仮名遣いに引きずられて消失していくと考えられるからです。

最も古い写本においても、既に表意文字的側面が脱落している可能性があるという方向で、古代の文字使いを復元することは、そのうち視野に入るかもしれません。
方向性としては正しいのではないか?

ヲシテの表意的側面の利用は一種の「添意」かもしれませんか、そもそも一字一字が表意文字であると考える方が包括的ではないかと考えられます。
「添意」の言葉、その3
ikeda
主任研究員

いけだ 2007-3-20 18:23:29  SITE  MAIL  [返信] [編集]

「添意」の言葉、その詳細のことですが、


助詞の[w]が[/w]に、
良くない意味の[w]ガ[/w]を添えて意味を持たせてある言葉の、存在などが、広く行われている事があります。
助詞の[w]が[/w]であって良い所の、用例で、良くない意味の[w]ガ[/w]に写本のヲシテが記載されているのですね。
そこに、強く、‘良く無い意味’が込められてあると文脈から読み取れる個所が、調べてみるとかなりの用例数が認められるのです。
これは、ひとつ、助詞の[w]が[/w]に、
良くない意味の[w]ガ[/w]を添えて意味を持たせてある言葉の、存在などが、広く行われている事だけではありません。[w]を[/w]であるべきが、[w]ヲ[/w]の文字のヲシテで記載されていたりするのです。
これまでは、
単なる写本の写し間違いと即断して過ごしてきていましたが、
深く読み取ることが出来るようになってきました、この頃では、単なる写本の写し間違いとして処理するのは間違いであると、気が付くに至ったのです。
それで、
この、ヲシテ時代での特殊な文法を、解かりやすくルールとして再認識する必要があると云うことになるわけですね。

おおよそ、このヲシテが使われるべきだと、思いつつにして、
原文を読み進めていってみて下さい。
きっと、
きっと、 あー、そうかな?
と、思っていただける事になろうかと思います。
Re: 「添意」の言葉、その2
beace
特別研究員

さかた 2007-3-16 23:17:04  [返信] [編集]

先生、ご苦労のほどが身にしみます。

「添意」の読みをお教え下さい。てんい?でよろしいのでしょうか。

まだ、この意味はハッキリ理解したと言えないのですが、
一つの字に複数の意味(意図か?)がふくまれる
あるいは、別の意が加味されて使われる・・・そのようなことでしょうか。

そうでしたら「パーセント」よりも、何割・・・の方かしら・・・四分六などとも良く表現いたしておりますね・・・何がふさわしいか、本当に難しゅうございますね。

あるいは説明に付け加えて、例文をいくつか表示されると解りやすいかも知れません。




「添意」の言葉、その2
ikeda
主任研究員

いけだ みつる 2007-3-16 21:13:07  SITE  MAIL  [返信] [編集]

添意の言葉を、
ヲシテの文法として、作ることになるわけですが、
そこのところ、
「添意」何パーセント、
とかと言った、詳しい表現方法をどうするか?

また、その、解析方法について、客観的な物差しをどうするか?
だいぶ考えたのですが、
投了の雰囲気に近いようなことで、
何とかならないか?

悩みは尽きません。
「添意」の言葉
ikeda
主任研究員

いけだ みつる 2007-3-13 1:58:52  SITE  MAIL  [返信] [編集]

新しく、ヲシテの文法を表現する為に、
色々と創意工夫をしなくてはなりません。

「添意」の言葉を作りました。
その詳細の模索中です。

助詞の[w]が[/w]に、
良くない意味の[w]ガ[/w]を添えて意味を持たせてある言葉の、
表現が、「添意」です。
「み」の言葉でもそうですね。


このサイトで、ヲシテの表現方法は、
特殊です。メールで問い合わせると旨く解かります。

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 ... 5 6 7 (8)

BluesBB ©Sting_Band