ヲシテ文献研究室

オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ヲシテ掲示板 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


アクセスカウンター
2020/02/21:2/2
2020/02/20:24/98
2020/02/19:66/96
2020/02/18:57/88
2020/02/17:34/78
2020/02/16:15/52
2020/02/15:19/55

2020/01/22より483/1853

[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 添意のこと、構文の事、文体の事
ikeda
主任研究員

いけだ 2007-5-19 22:39  SITE  MAIL  [返信] [編集]

浅野信先生の構文論は、秀逸です。
このこと、ご理解に及んで頂けますと、嬉しい限りです。

疑問文は、
日本語では、相の付加による形式をとります。
欧米語とは、全く違う形式です。

この事を、「文体」と呼ぶようにしておられます。
浅野先生は。

浅野文法は、基礎のものとせざるを得なくなると思います。


それと、
言葉についてくる匂い、
つまりは、「添意」の事ですが、
これも、浅野文法の延長線上です。
2 Re: 添意のこと、構文の事、文体の事
beace
特別研究員

さかた 2007-5-19 22:54  [返信] [編集]

やっと古書で浅野先生の文法書を手に入れました。
発想論、語法論、文体論、文章論の4巻です。

以前に「日本人はどんな文をつかっているか」が、大変面白く、長年のもやもやが解ける思いが致しまして、もっと勉強したくなり入手いたしました。

これからが、楽しみです。
3 Re: 添意のこと、構文の事、文体の事
ikeda
主任研究員

いけだ 2007-5-19 23:44  SITE  MAIL  [返信] [編集]

それは良かったです。
運命の開ける文法です。
まさに、‘やまと ことば’の真相です。

明治以降の、コピー文法は酷いものです。
敢然たる新規軸、‘やまと ことば’が輝きます。
[掲示板に戻る全部 前100 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band