ヲシテ文献研究室

オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが ヲシテ掲示板 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


アクセスカウンター
2020/09/23:51/245
2020/09/22:58/303
2020/09/21:56/308
2020/09/20:43/296
2020/09/19:44/283
2020/09/18:44/319
2020/09/17:64/334

2020/08/24より570/5692

[掲示板に戻る]


Re: 新しいダウンロードファイル 平岡 2013-4-26 16:35
Re: 新しいダウンロードファイル 青木 2013-4-26 17:03
Re: 新しいダウンロードファイル 平岡 2013-4-27 9:36
Re: 新しいダウンロードファイル 青木 2013-4-27 9:54
Re: 新しいダウンロードファイル 平岡 2013-4-27 12:22

4 Re: 新しいダウンロードファイル
umayado
特別研究員

平岡 2013-4-26 16:35  [返信] [編集]

ありがとうございます。

そうなると、究極的には、

 ・上代特殊仮名遣い
 ・ヲシテの文字遣い

のどちらが古態であるのか、ということが争点になるということだけれど、その1点には絞らず、「漢文−−→読み下し文」の間に発生する書記にかかわる参照枠と、「(布に染められた)ヲシテ原文−−→漢文」の間に発生する書記にかかわる参照枠の違いや、その残存具合を見極める、という話になる。

これまでは、「上代特殊仮名遣いなどがヲシテ文献にない」=上代特殊仮名遣いの消滅後の成立=ヲシテ文献は偽書、との判断の根拠の一つとなっているが、
 
「上代特殊仮名遣いなどがヲシテ文献にない」=上代特殊仮名遣いを成立させた渡来人の渡来以前

とか、

「記紀の中にヲシテの文字遣いなどの残骸がある」=ヲシテ文献のほうが古い

という風に判断する根拠となる、ということになりますね。


>「(布に染められた)ヲシテ原文−−→漢文」

としたのは、

ヲシテ原文
  ↓
ヲシテ写本

の間に、1700年程度の時があり、書記システムのすべてがヲシテ写本に残存している訳ではない。(例えば、当初の布のものは失われているとか、文字の字形が漢字の影響を受けているとか、もしかしたら文書の行は左から右だったかもとか・・・) 

でも、そういう部分については言及する必要がなく、漢字や上代特殊仮名遣いやその後の書記システムからの影響ではない、ヲシテの助詞の文字遣いと、上代特殊仮名遣いにおける助詞の文字遣いを比較すれば、ヲシテ写本に残存している書記システムからですら、ヲシテ原本の先行性を証明できる。

ということですよね?
5 Re: 新しいダウンロードファイル
mana
特別研究員

青木 2013-4-26 17:03  [返信] [編集]

青木です。

ちょっとわかりにくい部分もありましたが、わかる範囲でお答えします。

○ 基本的にご理解のとおりです。

○ 「上代特殊仮名遣い」については、渡来人が書記したことが主原因であることは、むしろ現代では学会でも常識的になりつつあり、大きな障害ではありません。

○ ヲシテ文献の書記媒体等は不明です。
考古学的遺物もいまのところありません。
つまり、通常の史料批判の観点からは圧倒的に不利なのです。

更に、ヲシテ文献内にも、書写時における普通の語彙や言い回しの混入が含まれている可能性が高いです。
国語学者なら、すぐに気がつくようなものです。
これは、一般に「平仮名文献」でも起こりやすいですね。

しかし、
ヲシテ文献に根本的な特有の書記システムのルールがあり、
それが江戸時代の「音韻のヲシテへの転記」によって説明され得ないならば、
ヲシテ文献が先行することが証明されます。

他に後代の要素が混入していたとしても、その点をもって先行性を否定することはできないわけです。なぜなら、後代の要素の混入は、「ある程度は」書写時のミスや思い込み、誤記によって説明がつくからです。

この点で古事記の成立時期の画定が参考になるわけです。
6 Re: 新しいダウンロードファイル
umayado
特別研究員

平岡 2013-4-27 9:36  [返信] [編集]

引用:

青木さんは書きました:
更に、ヲシテ文献内にも、書写時における普通の語彙や言い回しの混入が含まれている可能性が高いです。
国語学者なら、すぐに気がつくようなものです。
これは、一般に「平仮名文献」でも起こりやすいですね。

しかし、
ヲシテ文献に根本的な特有の書記システムのルールがあり、
それが江戸時代の「音韻のヲシテへの転記」によって説明され得ないならば、
ヲシテ文献が先行することが証明されます。

他に後代の要素が混入していたとしても、その点をもって先行性を否定することはできないわけです。なぜなら、後代の要素の混入は、「ある程度は」書写時のミスや思い込み、誤記によって説明がつくからです。

この点で古事記の成立時期の画定が参考になるわけです。


結局ここにつきます。

「ヲシテ文献に根本的な特有の書記システムのルールがあり、それが江戸時代の「音韻のヲシテへの転記」によって説明され得ないならば、ヲシテ文献が先行することが証明されます。」

よみがえる日本語で、ヲシテ特有の文法(文字遣い)が存在することが判明してしまった。これが単なる名詞的な語彙に関するものであれば、後世の付加だということはできたかもしれないけれど、国語学者が長年総掛かりでやってわからなかった助詞のメカニズムが内在されていることがわかった。

これを突きつけるということですね。

名詞の語源もの、物語のストーリーもの、などの比較では「創作可能」と反論される可能性があるが、これまで解明不能だったものが解明可能になってしまうとなると、学者であれば認めざるを得なくなる。

このような文献の書記に特有の枠組みのことを 書記システムのFOR と呼んでいると。
7 Re: 新しいダウンロードファイル
mana
特別研究員

青木 2013-4-27 9:54  [返信] [編集]

そのとおりだと思います。

真理はシンプルなものです。

しかし、広く一般に提示するにあたっては、
「議論の拡散」「議論のズレ」を防止するために、
議論の枠組みを与えることが必要です。
その枠組みがFOR理論です。

証明の鍵は、もちろん、
ヲシテ時代の言葉の解析につきます。

8 Re: 新しいダウンロードファイル
umayado
特別研究員

平岡 2013-4-27 12:22  [返信] [編集]

その結論へ向けて、

まず、7の「英語の直訳文」とは何なのかによって、FORを使った先行文献判別理論のイメージをもたせ、

9、10によって、FORを使った先行文献判別理論の妥当性を検証し、

その上で、11によって、本題の証明を行う

ということなのですね。


ヲシテ言語学の発見によって、
「先行するイメージの重要性」というのがある意味で理論化されるのだろうと思います。

従来の論理学では、自明の論理・公理からスタートしなければなりませんでしたが、まず、イメージを共有して、そこへ向けて論証していく、というのが、ヲシテ論理的ですね。

BluesBB ©Sting_Band