ヲシテ文献研究室

オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ヲシテ掲示板 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


アクセスカウンター
2020/09/23:52/308
2020/09/22:58/303
2020/09/21:56/308
2020/09/20:43/296
2020/09/19:44/283
2020/09/18:44/319
2020/09/17:64/334

2020/08/24より570/5751

[掲示板に戻る]


3 Re: 新しいダウンロードファイル
mana
特別研究員

青木 2013-4-26 15:16  [返信] [編集]

青木です。
平岡さん。 どうもです。

○ こういう関係の理論がないみたいなんですね。
  仕方がないので、自分で考えました。

文献の成立年代は、いろいろな根拠で決まるものですが、
  一般理論はないらしい。
  例えば、
書記された媒体とか、筆記手段とか、言語の種類(系統)とか、書記システムとか、内容の突き合わせとか、いろいろあるわけです。
例えばバイブルの成立は、詳しい系統分析があるようです。

○ 1について
 今回は、「書記システム」に絞ることで、話を単純明快にするという意図があります。
 数学と同じように証明を進めることができます。

 「書記システム」という用語自体は、国語学でも一般的なものです。
  これに絞ることで、
  「ヲシテ言語学の詳しい証明」が、そのままで、「記紀との前後関係の証明」になるという構造になっています。
  ヲシテ時代の言葉のルールを明確にすれば、そのまま前後関係の証明に使える。

○ 3について
  はい。
  二つの書記システムの排他的なFORのみを比較することで本証明には必要十分だからです。

○ もちろん、本題である「助詞」等の言葉のルールを明確化するという作業と、その説得力が前提です。  

○ 参考ですが、古事記の成立年代決定の決めてが、「上代特殊仮名遣い」なのです。

古事記の最古の写本は鎌倉時代です。
このため、偽書説がありました。

しかし、古事記に上代特殊仮名遣いがあることが確認され、しかも万葉集の仮名遣いよりも古態であることが確認された結果、成立年代が奈良時代であることが確認されました。

これは、FOR(上代特殊仮名遣い)を駆使した文書作成が、橋本学説以前にはほぼ不可能だからなんですね。

これと同じような方向で考えていくべきだと思うわけです。


新しいダウンロードファイル 青木 2013-4-21 11:50
Re: 新しいダウンロードファイル 平岡 2013-4-25 21:36
Re: 新しいダウンロードファイル 青木 2013-4-26 15:16 ←いまここ〜
Re: 新しいダウンロードファイル 平岡 2013-4-26 16:35
Re: 新しいダウンロードファイル 青木 2013-4-26 17:03
Re: 新しいダウンロードファイル 平岡 2013-4-27 9:36
Re: 新しいダウンロードファイル 青木 2013-4-27 9:54
Re: 新しいダウンロードファイル 平岡 2013-4-27 12:22
BluesBB ©Sting_Band