ヲシテ文献研究室

オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ヲシテ掲示板 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


アクセスカウンター
2019/12/09:11/14
2019/12/08:31/42
2019/12/07:21/28
2019/12/06:33/40
2019/12/05:25/35
2019/12/04:24/30
2019/12/03:22/33

2019/11/09より443/1737

[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 「添意」の言葉
ikeda
主任研究員

いけだ みつる 2007-3-13 1:58  SITE  MAIL  [返信] [編集]

新しく、ヲシテの文法を表現する為に、
色々と創意工夫をしなくてはなりません。

「添意」の言葉を作りました。
その詳細の模索中です。

助詞の[w]が[/w]に、
良くない意味の[w]ガ[/w]を添えて意味を持たせてある言葉の、
表現が、「添意」です。
「み」の言葉でもそうですね。


このサイトで、ヲシテの表現方法は、
特殊です。メールで問い合わせると旨く解かります。
3 Re: 「添意」の言葉、その2
beace
特別研究員

さかた 2007-3-16 23:17  [返信] [編集]

先生、ご苦労のほどが身にしみます。

「添意」の読みをお教え下さい。てんい?でよろしいのでしょうか。

まだ、この意味はハッキリ理解したと言えないのですが、
一つの字に複数の意味(意図か?)がふくまれる
あるいは、別の意が加味されて使われる・・・そのようなことでしょうか。

そうでしたら「パーセント」よりも、何割・・・の方かしら・・・四分六などとも良く表現いたしておりますね・・・何がふさわしいか、本当に難しゅうございますね。

あるいは説明に付け加えて、例文をいくつか表示されると解りやすいかも知れません。




2 「添意」の言葉、その2
ikeda
主任研究員

いけだ みつる 2007-3-16 21:13  SITE  MAIL  [返信] [編集]

添意の言葉を、
ヲシテの文法として、作ることになるわけですが、
そこのところ、
「添意」何パーセント、
とかと言った、詳しい表現方法をどうするか?

また、その、解析方法について、客観的な物差しをどうするか?
だいぶ考えたのですが、
投了の雰囲気に近いようなことで、
何とかならないか?

悩みは尽きません。
4 「添意」の言葉、その3
ikeda
主任研究員

いけだ 2007-3-20 18:23  SITE  MAIL  [返信] [編集]

「添意」の言葉、その詳細のことですが、


助詞の[w]が[/w]に、
良くない意味の[w]ガ[/w]を添えて意味を持たせてある言葉の、存在などが、広く行われている事があります。
助詞の[w]が[/w]であって良い所の、用例で、良くない意味の[w]ガ[/w]に写本のヲシテが記載されているのですね。
そこに、強く、‘良く無い意味’が込められてあると文脈から読み取れる個所が、調べてみるとかなりの用例数が認められるのです。
これは、ひとつ、助詞の[w]が[/w]に、
良くない意味の[w]ガ[/w]を添えて意味を持たせてある言葉の、存在などが、広く行われている事だけではありません。[w]を[/w]であるべきが、[w]ヲ[/w]の文字のヲシテで記載されていたりするのです。
これまでは、
単なる写本の写し間違いと即断して過ごしてきていましたが、
深く読み取ることが出来るようになってきました、この頃では、単なる写本の写し間違いとして処理するのは間違いであると、気が付くに至ったのです。
それで、
この、ヲシテ時代での特殊な文法を、解かりやすくルールとして再認識する必要があると云うことになるわけですね。

おおよそ、このヲシテが使われるべきだと、思いつつにして、
原文を読み進めていってみて下さい。
きっと、
きっと、 あー、そうかな?
と、思っていただける事になろうかと思います。
5 Re: 「添意」の言葉、その2
umayado
特別研究員

ひらおか 2007-4-5 9:13  [返信] [編集]

先生のブログを拝見していて、

 「意味」を「添える」・・・「添意」
だけでなく
 「意味」に「染める」・・・「染意」

という表現が、お考えにより近いのかも
しれないと感じました。
6 Re: 「添意」の言葉、その2
ikeda
主任研究員

いけだ 2007-4-5 17:38  SITE  MAIL  [返信] [編集]

「添意」の言葉の説明に、気持ちが行過ぎて、
表現に不適切なものが有ったと、反省してます。
ブログの方は、修正いたしておきます。

ヲシテ時代の[ww]そむ[/ww]の言葉を、
単純に「染む」と翻訳してしまってよいものか?
これは、「秀真伝」への入り口ですね。
反省! 反省! です。


[ww]そ[/ww]の、音韻の原意は何か?
そこから、どの様にして「染む」の言葉になってきたのか?

このあたりをもっと考えねばなりません。


あと、
所長、というのも、何だか変な感じですが…、
[掲示板に戻る全部 前100 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band