ヲシテ文献研究室

オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが ヲシテ掲示板 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


アクセスカウンター
2020/10/23:53/184
2020/10/22:104/409
2020/10/21:76/375
2020/10/20:81/410
2020/10/19:92/394
2020/10/18:94/397
2020/10/17:77/378

2020/09/23より629/10952

[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 連想・・・磁石の構文
beace
特別研究員

さかた 2007-4-30 13:16  [返信] [編集]

今日の池田先生のヤマトコトバの文法論(磁石の構文論)は、
胸がすくような思いが致しました。

で、たまには軽ーーい話題で。


若い頃、私は歌をうたっておりました。
始めは、イタリア歌曲、それからドイツ歌曲。
私の声のキャラクターに合うような、オペラの曲。
それと、大変向いていると言われた宗教曲などです。

なかなか日本歌曲は難しくて手が届きませんでした。
つまり、演奏のお許しが出なくて。

というのは、
詩の扱い方が外国ものとは違ったのです。
好きな曲ほど、文章としては意味不明の詩だったりするんですね。

だから、どういう気持で歌えば良いのか分からない。
誰が、どのような心で、何に向かって語りかけているのか・・・?

外国モノはそれがハッキリしている。
だから、どんな感情を表せば良いかが良く分かります。
主語、述語、装飾語。
大変明解なのです。




今日池田先生の「磁石の構文」を読んで、はじめてスッキリしたような気が致します。
これが、日本の歌・・・詩・・・文章の特徴だったのですね。


参考までに、好きだったけど歌うのに困った歌のひとつ。

「初恋」

砂山の 砂に
砂にはらばい
初恋の痛みを
遠く思い出ずる日
ああ・・・

若かった私は「だから 何なのよ・・・」と、思いました。 笑)

[掲示板に戻る全部 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band