ヲシテ文献研究室

オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが ヲシテ掲示板 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


アクセスカウンター
2020/02/22:15/23
2020/02/21:70/99
2020/02/20:24/98
2020/02/19:66/96
2020/02/18:57/88
2020/02/17:34/78
2020/02/16:15/52

2020/01/23より518/1889

[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 新春のウタ
umayado
特別研究員

ひらおか 2008-12-29 11:16  [返信] [編集]

雪の二上山を詠める

よもうちに たけりあふるる
よこしまを みそぎヲさめて
ゆきのふたかみ

         平岡憲人

        (ウタの指導 池田満)

国中に、昂ぶりあふれてしまった
欲望の渦を、みそぎ清浄にして、
トに基づいた秩序を立て直されたという
フタカミよ、いま、その名に名を
いただくフタカミヤマ(二上山)の雪よ
その雪のきよらかな静けさで、
この国を鎮めておくれ


世界中で、欲望を煽り立てて膨れ上がった
経済社会が崩壊しようとしている。
わが国にもかつて、稲作の発展とともに
人のヨコシマ(欲望)が制御しきれなく
なった時代があったね。

その時代に、大元の「ト」の戻り、
「ト」を立て直すことに精魂を込められて
第2の建国をなしとげらたのが、
イサナギ・イサナミの2人の若い
指導者(フタカミ)の時代だったのだよ。

ヨコシマを去るには、
アメツチ(天地)の恵みがあってこそ
私があるのだということを知り、
そのことに常に感謝をし続ける(ユキキ)という
ことが肝要なのだ。

欲望の町といわれる大阪平野が
すっぽりと雪につつまれているよ。

正月の初日の出が、
大阪の東麓、かつてフタカミヤマとよばれた
二上山の、ヲ岳とメ岳の間から、
上る時、

雪をいただいた、フタカミのヤマよ、
フタカミのヤマから広がるユキよ、
そして、われわれを見守っていただいている
フタカミよ、
どうか、われわれを導いておくれ。
2 Re: 新春のウタ 、 ユーチューブ
ikeda
主任研究員

いけだ 2009-1-2 0:26  [返信] [編集]

ウタの指導だなんて、大げさな。
たった1文字の変更だけです。
そんな大したことないです。

     ・

あたたかな ひかりをうけて
みをさらに もたらしあゆむ
ゆきのふたかみ
  
    平成21年1月1日
        池田 満 詠む

   ・   ・

ユーチューブに、テレビ出演の時の画像が出ていました。
http://jp.youtube.com/watch?v=qD2N-xJhgPA
もうちょっと、リラックスしてしゃべれば良かったですね。
3 二上山に登りて
umayado
特別研究員

ひらおか 2009-1-4 22:35  [返信] [編集]

二上山に登りて

あしひきの ふたかみやまつ
さとざとの つたゑまつりし
ひとにかしこむ

        平岡憲人


大阪と奈良の境にある、二上山に
登りました。この山は古えには、
フタカミヤマと呼ばれており、
万葉集などにもその名が記されています。

  現身(うつせみ)の 人なる吾や
  明日よりは 二上山(ふたかみやま)を
  弟背(いろせ)と吾がみむ

      大伯皇女(万葉集)

足を引き引き、フタカミヤマに
登ってみたところ、
フタカミヤマを遠目に見ることのできる
ふもとの里々では、
いまもヲシテの時代を色濃く残す
神社が静まっていました。
その神社では古くからのお祭りを
今もなお伝えており、
誰ともなく故人の功績を
語り継ぎ、歌い継ぎ、そして、祭り継いで
いることを実感できる山歩きとなりました。
そのような里々の人々の息吹を
感じるとき、自然と頭が下がる思いが
するものです。
[掲示板に戻る全部 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band