ヲシテ文献研究室

オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが ヲシテ掲示板 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


アクセスカウンター
2020/10/23:53/174
2020/10/22:104/409
2020/10/21:76/375
2020/10/20:81/410
2020/10/19:92/394
2020/10/18:94/397
2020/10/17:77/378

2020/09/23より629/10944

[掲示板に戻る]


表意文字と表音文字 真名 2007-3-30 18:40
Re: 表意文字と表音文字 いけだ 2007-3-30 19:36
Re: 表意文字と表音文字 ひらおか 2007-3-30 23:24
Re: 表意文字と表音文字 真名 2007-3-30 23:33
Re: 表意文字と表音文字 ひらおか 2007-3-30 23:51
Re: 表意文字と表音文字 いけだ 2007-3-31 6:32
Re: 表意文字と表音文字 さかた 2007-4-1 18:15
Re: 表意文字と表音文字 いけだ 2007-4-1 18:22

1 表意文字と表音文字
mana
特別研究員

真名 2007-3-30 18:40  [返信] [編集]

「ヲシテ」は、表意文字であり、かつ表音文字であるというところから出発する方が、幅広く説明可能なように思います。

表意文字的な側面と、表音文字的な側面とは、各母音単位に見ることができます。
各母音は、音(口の形)を現すと共に、宇宙の把握に関する意味も現しています。 目に見えないものから、目に見える液体、固体までの物質の形態を表意しているようです。

各子音も、表意文字的な側面と表音文字的な側面を有しています。
表音的な側面はほぼわかっていますが、表意的な側面は、ミカサフミに簡単な説明がある程度で、明晰にはわかりません。
おそらく、季節、温度、方向などの生活感覚に根ざす表意文字と思われます。

ここまでさかのぼって全文を読めるようになることが基礎研究の目標ということになるでしょう。

「かな文字」は、表音的側面のみを抽出したものであり、そこからは母音子音ともに表意的側面が抜け落ちています。
これは根本的にヲシテと別種の文字と考える他はありません。

そう考えますと、年代の下る写本では、徐々に「ヲシテの表意的側面が抜け落ちていくプロセス」を読み取ることができそうに思います。
表意文字的側面は、書写の過程でその時代の慣用仮名遣いに引きずられて消失していくと考えられるからです。

最も古い写本においても、既に表意文字的側面が脱落している可能性があるという方向で、古代の文字使いを復元することは、そのうち視野に入るかもしれません。
方向性としては正しいのではないか?

ヲシテの表意的側面の利用は一種の「添意」かもしれませんか、そもそも一字一字が表意文字であると考える方が包括的ではないかと考えられます。
2 Re: 表意文字と表音文字
ikeda
主任研究員

いけだ 2007-3-30 19:36  SITE  MAIL  [返信] [編集]

表音文字という言葉には、特に抵抗が無いのですが、
表意文字と言いますと、どうしても漢字のような文字構成を連想してしまいます。
ヲシテの場合は、もうちょっと、形而上的な要素の強い構成基礎に基づいていると思うのです。それで、表意文字と言うよりも、もうちょっと、ひねった表現言葉があってよいのでは? と、思っていたわけです。
いまのところ、これといって、グッドアイデアの創意工夫が出来ていませんが…。

写本の文字遣いの、
手馴れ具合による異同は、
時代性の事よりも大きいと思うのです。
ヲシテ文献の写本は、江戸時代よりも前に溯るものは、未発見です。
最古の、フセンさんでも、特殊ヲシテ文字の使い分けは、最後期になってやっとこさ見受けられてくるのです。
つまり、特殊ヲシテ文字の使い分けは、無かったわけでもないのでしょうが、写本の写し手の習熟さの熟達度の違いによって、決定的に書き分けが為されるか否か? と、。
小笠原長弘さんは、特殊ヲシテ文字の使い分けが、かなりラフです。小笠原長武さんは、数詞ハネは整えすぎであるようで、でも、肝心の変わった特殊ヲシテはそれ程には区別が為されていません。
結局のところ、特殊ヲシテ文字の詳細な使い分けは、
ワニコ安聡さんの、ほぼ独走状況のような感じであると思っております。  
全体像の、この混乱状況の、さっぱりとさせるべき現状把握は、難物であると思います。  でも、これも、進めなくてはならない仕事です。
3 Re: 表意文字と表音文字
umayado
特別研究員

ひらおか 2007-3-30 23:24  [返信] [編集]

表意
表音

に当たる言葉を、やまと言葉で見出すか、つくればよいのではないでしょうか。
4 Re: 表意文字と表音文字
mana
特別研究員

真名 2007-3-30 23:33  [返信] [編集]

いや、それを思いつかないんですよ。
何かありますかねえ?

他に似た言語がないからなあ・・・・・
5 Re: 表意文字と表音文字
umayado
特別研究員

ひらおか 2007-3-30 23:51  [返信] [編集]

表意 ・・・ ヲシテ
表音 ・・・ ??(ツタヱ?)

ともいえるのでは。
6 Re: 表意文字と表音文字
ikeda
主任研究員

いけだ 2007-3-31 6:32  SITE  MAIL  [返信] [編集]

あるいは、
漢字での新造語の方が、現代人に解かりやすいかとも…。
この方が、時代の齟齬が無くすっきりすると。
つまり、
現代の言葉で、ヲシテ時代の世界を解説しているのだと。

表意文字→表想文字  んー?

表意文字→表奥文字  んー?

表意文字→表理文字  んー?
7 Re: 表意文字と表音文字
beace
特別研究員

さかた 2007-4-1 18:15  [返信] [編集]

表理文字というのが、良く表していると思います。
やはり、哲学が込められていますから。

想いや、意味だけでは少々軽すぎるかと。
8 Re: 表意文字と表音文字
ikeda
主任研究員

いけだ 2007-4-1 18:22  SITE  MAIL  [返信] [編集]

表理文字の表現が良いかも知れませんね。

でも、
もっと良い、言葉が出来そうにも思うのですが…。

BluesBB ©Sting_Band