ヲシテ文献研究室

オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ヲシテ掲示板 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


アクセスカウンター
2020/09/28:25/75
2020/09/27:63/343
2020/09/26:56/365
2020/09/25:49/321
2020/09/24:65/368
2020/09/23:63/392
2020/09/22:58/303

2020/08/29より552/7027

[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 たらふいのちは まとかなりけり
beace
特別研究員

さかた 2007-9-12 15:41  [返信] [編集]

池田先生のブログにアップされました、合田さまの美しいおウタ
まず、いかにも女の方らしいおもむきの、調べの麗しさに心を打たれました。

先月の皆既月食によせて。

  ひのひかり つきのあかりに
  てらされて たらふいのちは
  まとかなりけり

引用:
ヲシテ文献に、親しんでおいでの方には、
解かるウタだと思います。

と、先生は書かれましたが・・・いや、どうして。。。(^_^;)

特に「たらふいのちは」が、私にとっては難しかったです。

たぶん・・・
「イノチ」というものは、父(タ)と母(ラ)によって、
父はヒノヒカリ、すなわちヲのエネルギーを、
母はツキノアカリ、メのエネルギーを
共に受けることにより、胎内のコタネの中に宿る・・・
なんと不思議にも麗しく「マトカ」であることか。

そういうことを、うたっていらっしゃるのではと思います。

あの、神秘的な月食をごらんになりながら、
生命の不思議さ、そして素晴らしさに心をはせておられた。

月と太陽の織りなす光りは、ご自身をも照らし、
ご両親への想いは繋がって、はるかなる光輝に満ちた祖先の世をも想う・・・

また「まとか」というコトハは、
宇宙的に、大きな、そして悠久の、暖かさを持っています。

マ・・・宇宙のエネルギーが降りて、行き渡る感じ。
ト・・・それがしっかりと、この世で確立されて現れる・・・→例「トノヲシテ」
カ・・・そして、現れたもののエネルギーは、光り輝きながら伝わっていく・・・

なんとも、素晴らしいおウタでした。
合田さま、
有り難うございました。
2 Re: たらふいのちは まとかなりけり
ikeda
主任研究員

いけだ 2007-9-12 16:21  [返信] [編集]

ヲシテ文献中に、
「たら」の言葉は、ありますが、
「たら ふ」と、熟す言葉は、実のところは、
類推新調の言葉ですから、難しいのだと思います。

読んでみますと、なるほどと、
思うのですね。「たら ふ」も。
不思議なことです。
‘やまと ことは’の底力ではないでしょうか?
3 Re: たらふいのちは まとかなりけり
beace
特別研究員

さかた 2007-9-12 17:16  [返信] [編集]

なるほど「やまとことは」の底力かも・・・不思議ですね。
先に池田先生のおっしゃったことが忘れられません。

コトハを作っている字は、それぞれがまわりに磁場のようなものを持っていて、
それが人の想いによって、引きあってくっついたり、また反発したりしながら、
新しいコトハが生まれていくのかも知れない・・・
そのようなお話だったでしょうか。

まことに世界に類のない神秘な力を
「やまとことは」は、今も持ち続けているのですね。
4 Re: たらふいのちは まとかなりけり
beace
特別研究員

さかた 2007-9-13 11:53  [返信] [編集]

今日になって、またおウタを読み・・・思うこと。

何のことを詠んでおられるのか、どういうお気持ちだったのかを知ることは大事かも知れないけれど・・・
それにもまして、調べの美しさに心引かれるものですね。

意味は良く解らないけれど、でも・・・なんとなく判る。好き。美しい。

そういうことどもが、ヤマトコトハ、ヤマトのウタの素晴らしさかと。
コトハの「音」というものの持つチカラを感じるのです。

魔除けに詠むという、32字のおウタのことや、
逆らうことの出来ない「マワリウタ」のことなども、連想して楽しんでおります。

5 Re: たらふいのちは まとかなりけり
ikeda
主任研究員

いけだ 2007-9-13 18:10  [返信] [編集]

富永仲基の、
分析によれば、日本人の特質は、
「絞」にある。
と、しています。
わたくしも、同意するものです。
「絞」とは、真面目で、真実を求め愛し、自らの心情に最大の価値を認める。 と、いったように、私は理解しています。

『出定後後』の「神通 第八」に出ます。
6 Re: たらふいのちは まとかなりけり
ebisu
特別研究員

合田 2007-9-13 21:39  MAIL  [返信] [編集]

池田先生、さかたさま
ウタをおとり上げくださり
また、過分のお言葉を頂きまして 有り難うございました。

天候に恵まれ、素晴らしい皆既月食を みることができました。
脱皮したような 月食後の満月も・・・
得がたい経験でした。

生まれて初めて見る完全な月食に見とれて、
とりとめも無く
過ぎ去った日々やなつかしい人たちのことを思い出しておりました。
幼い自分、若かった父母・・祖父母・・・
お乳を一杯のんでは眠り、
なんの夢をみているのか、ふっと笑っていた赤ん坊・・・
いのち の不思議と、生かされているありがたさ・・・

ウタ という ウツワ のちから、
やまとことは の底力、  
日本にうまれて、しあわせだ、と心から思います。

さかたさまに このウタを好いていただいて、
子供をほめられたようにうれしく、
また面映い思いでいっぱいです。有り難うございました。

[掲示板に戻る全部 前100 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band